mon attention
アンテナもたまには壊れます。   
Archive & Calendar
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
book mark
Category
Profile

bonbon

Author:bonbon
アンテナのむくまま更新中。


THX!
welcome
☆☆☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



数えずの井戸数えずの井戸
(2010/01/25)
京極 夏彦

商品詳細を見る

ここのところ通勤電車の中で最近気になる厚さの本を持つ人を、多々目撃していました。


あの厚み。気になるんだ・・・

随分と分厚いじゃんか。

・・・分厚いよなー やっぱ。。

ちょっとそこのつり革のおにーさん、その分厚い本は何さ。

ちょっとそこの端っこに座ったおねーさん、その分厚い本は一体・・・


通勤中にもかかわらず、こんな分厚い本を持ち歩かずにいられない、

そして、読まずにいられない本てさー、ちょっと。。


もしや、もしや、もしや・・・・

まさか、京極夏彦? 

新しいのが出たんですか?!


と、恐る恐る本屋の新刊コーナーに行ってみましたつい先週日曜日。


なんだよ???????????


出てるじゃん?????????


知らなかったよぉぉぉぉぉぉぉん?????うおーーーーーーーーーーーーーー


数えず・・・って、もしや皿数える例の怪談? 井戸って・・・


ひゃーー  やっぱそうじゃん????



ここのところハードカバーの本を買うのをしばらく控えていましたが、

今回は特別だぞ!!!

迷うヒマなんてありゃしまへん。



つーわけで、買った直後から近くの○タバへ直行。

小一時間ばかり読み耽る読み耽る読み耽る読み耽る読み耽る。のでありました。

オイラノスキナ、白装束のニクイヤツめ、このこのこの???????


久々に京極夏彦氏コーナーに行くと、読んでない新刊(といっても知らなかっただけ)が出てるじゃんよーー

盆と正月がいっぺんに来ちゃったカンジダネー  ボーン  


スポンサーサイト

2007.11.03_23:48

11月になってしまひまひた。


オイラのカレンダーは2ヶ月表示なので、ラストページなわけです。


早いなー もう1年がおわるなんてさ。


 


11月に入って、ようやく寒さを感じるようになってきましたねと。


なんだかこの時期になると読みたくなる、とある作家がいましてね。


先日アマゾンにて注文3冊。


根強いファン(しかしながらMinolity?)がいるのにもかかわらず、


今やほぼ絶版になりつつある本でして、


なんだかさみしーなー。。


アマゾンで検索かけると古本しか出てなくてさ。


本好きとしては、やっぱ、いい作品は絶版にしないで欲しいんですが、


というか、いい作品云々は、主観的なもんだからなんともいえませんが、


絶版にする理由とかって、一体どんな理由なんだろ。知りたいもんです。



2007.08.26_23:34

残暑きっついですね。


平日はCentral Heatingのばっちりな(っつっても冷房だ)会社にいるから


ヒエヒエなんですが、お休みの日は熱帯地獄です。


あー 今日も暑かった。


しかしながら、夜の風は心なしかちょっと秋っぽくね?


む?んっていう熱風が無くなったような気がするのはオイラだけでしょうか?


 


さ。そんなアツーイ今年の夏ですが


地獄のような暑さも気にならないほどワクワクして真田太平記読んでます。


も、すんごい面白いんですってば!


結構1冊1冊が分厚いんですが、気づけば残り30Pとかになったりしてて、


こりゃー読み終わるのもあっという間だね。よしよし。


戦国時代(後期)の国盗合戦の面白さって、今まであんまし興味が沸かなかったんですが、


その一国を盗るための理由とかを知っていくと、ムムムム・・・心得まいた!てな感じで。


魅力的な家来とか、いっぱい出てくるし、最高です。


 なんつーか、気質みたいなもんが、オイラ好み。


褒美よりも、ねぎらいの言葉、


とかさ、


命を懸けて戦う価値のある主人じゃないと、おりゃぁ戦わん!!!


とかさ。


今、北条父子が豊臣秀吉を中心とした諸大名にボコボコにされて開城し終わりました。


このねー 北条父子つーのが全くイライラさせる存在で(※注:超個人的見解です)


前田利家や上杉景勝なんかも出てきちゃって、すんごい展開なんです。


 この本を読んで改めてびっくり&好感度UPしたのが豊臣秀吉。


鬼武者をやったことのある人ならわかると思いますが、


木下藤吉郎ってやつは、ゲームの鬼武者ではかなり憎たらしい存在です。


だもんで、大嫌いだったんですけど、


実際の豊臣秀吉(といっても、池波先生脚色バージョン)は


無血開城とかさ、、ま、血を流さない戦いを好んでいたお人らしく


そこにまたガツンとやられてるオイラでした。


 おー もうこんな時間だ! 早く読まないとまた夜更かし権兵衛だ?


(もうすぐ甲賀忍者がでてくるらしいよ。 忍者、最高)



2007.08.02_00:32

やーー 先ほど織田信長が暗殺されちまいました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


真田太平記、、、やばい。。超面白い。


波に乗ってきましたよ。


鬼武者ではいつも悪役の信長でしたが、


やっぱあれはゲーム用なんだね。だって、幻魔だしさ。プププ


信長、最高。


オイラはこの真田太平記の1巻で出てくる信長の逸話を読んでるだけでも


かなりアツイものを感じたね。


ウツケモノなんていわれても、功績がすごいもんね。


戦国時代の始まりのころから読んでみたくなりました。


 武田信玄 & 上杉謙信 の死闘。 くーーーーーーーよみてぇ。


なんか面白そうなやつないかな?



本日届きました!


20070723205539.jpg



200707232055392.jpg
Harryだ?????????????????????


でも今夜は映画みちゃったので、これは明日からのお楽しみですっ281

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。