mon attention
アンテナもたまには壊れます。   
Archive & Calendar
01 ≪│2007/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
book mark
Category
Profile

bonbon

Author:bonbon
アンテナのむくまま更新中。


THX!
welcome
☆☆☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.02.27_00:23

ケイタイって、普通どのくらいのペースで機種変するんですかね。


というのも、最近やけに電池の減りが激しいのが気になっていて


今日やっと機種変してきました。


『WEB接続すると電池の消費量が激しい』っていうのは聞いていたんですけど、


最近の減りようといったらありゃしない。 メールを受けただけでも電池が減る始末でして、


これってオイラにとっては結構ストレスだったりもする。


おまけに電話がかかって来ようものなら、『電池が切れますよアラーム』が鳴っていました。


肝心のときに決まってアラームが鳴ってしまう事が、ココ最近やけに多かったので


思い切って買い換えました。


やー 新しいものってなんだか嬉しいですね。


ケータイサイフなるものが標準装備。多分使いません。。が、


すげーな、ケイタイ。 どこまで進化するんだ?


ところで今度のケイタイもSony Ericcson。 


先週でたばかりの新作なのに、予想以上にお手ごろ価格でした。


auのあのポイント制、結構使えるぅ? Discount¥3000円でやんした。やったぜ。


この浮いた¥3000で美味しいシェリー酒を買ってきたので


今夜はチビチビやりながらカスタマイズにふけます。 


スポンサーサイト

2007.02.24_01:07

20070224010326.jpg


ありがとう、ラ・ソース。


やっと乾燥のカイカイから解放されました。 う、、嬉しい。。


ここCRABTREE&EVELYNは個人的に大のお気に入りです。


欲を言えば、本社と同ラインの品揃えがあると嬉しいジョー


UKに行きたくなる青春の香りです。 甘酸っぱいナントヤラ。



2007.02.24_00:36

最近よくテレビを見ながらボーっとすることが多いです。


それにしても、ほんとに、テレビがつまらない445


観なきゃいいんですけど、淡い期待をこめてチャンネルSkipしまくりです。


今日はそんな淡い期待に応えてくれたようで


「隠し剣 鬼の爪」をたっぷり堪能させていただきました。


やー イイネ、藤沢周平先生。


『ちょんまげ&着流し』 これ、最高。


松たか子が畑を畑を耕すシーンでさえも、ちょっと憧憬の眼差しを傾けてしまいました。 


藤沢周平作品はハートにぐっときますよ。


この『隠し剣 鬼の爪』は読んでないんですけど、


何故か先の読める展開になっていた???!


・・・何故だ?と最後のテロップを見ると


この映画、「隠し剣 鬼の爪」&「雪明かり」のMIXバージョンだった。なるほど。


藤沢周平作品に関しては、オイラ、短編が好きなんです。


この「雪明り」には、通勤電車の中で泣かされました。(堪えたけど)


人生劇場のひとコマをちょっと垣間見る・・・みたいな感じ。 グッときます。


こういう作品をもっとテレビでやればいいのになーと、ふと思った次第でございます。


 


ところで、昨日からCharlie & Chocolate Factoryを読み始めました。


これが予想以上に面白い!


読み終わったら、映画を観ようと思います。


オカッパ頭のジョニー・デップに会う日ももうすぐだ?



2007.02.22_00:55









Once Again Once Again
John Legend (2006/10/24)
G.O.O.D./Sony

この商品の詳細を見る


やっと手に入れた? 待望の2作目281 


すごく欲しいのに、何故か買わずにいた魅力の一品です。


最近のR&Bはほとんど聴かないオイラですが、コレは特別。


声がたまらん!


Al GreenとかBobby Womacに近い愛おしさを感じます。


やっぱカニエ・ファミリーは最高。


7、80年代R&B, Reggaeの美味しいフレーバー満載さ?


これはしばらくヘビーチューンになりそうじゃん。


只今真夜中ですが、


なんだか無性にドライブをしたい気分。 『血が騒ぐ』ってやつです。


 


で、今ふと昔通っていたSoul Barのマスターお薦め映画を思い出す。










カー・ウォッシュ カー・ウォッシュ
リチャード・プライアー (2003/06/27)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る


ひゃー DVDで出てる????  コレは買いだな。 


ド・ソウル の ド・ファンキーらしい。 観てえぇぇぇぇぇぇぇ



2007.02.18_01:31

ブラームスのピアコン。いいな。沁みるジョ??


昨日はレッスン日でして、先日の作曲家占いの結果話に花が咲きました420


これまで色々な作曲家の曲を弾かせてもらってきたけど、


お師匠様もこの結果にはうなずいておりました。 嬉しい?


よっしゃ。 今年の発表会はブラームスにしようかね(多分多分多分) 


作曲家との相性っていうのも絶対あるよね、という話で盛り上がりました。


今がんばっているのは、バッハのフランスとベートーヴェンソナタですが、


この偉大なる作曲家。 未だ苦戦中です。相性は悪くないと思うんだけど


まだ手が届きません。


トリルがねぇ。 苦手なんす。 


いまだに、あのトリルでちょろっと遊んでいるところが鬼門。


ウネウネした装飾記号が視界に入ってくると、指が硬直スタンバイ状態になります。


早く緊張トリルからキラキラトリルができるようになりたいものです。むぅ。



2007.02.18_00:37

先日オイラのHotmailにアマゾンからメールが来ていました。


「サミング・アップ入荷しました!」 (本です)


コレ、以前FC2のマイショップカテゴリで検索した商品でして


お? 早速注文じゃん!・・・と思ったものの、


念のため、積読本を確認してみました。 


よくあるんですよ、持ってるのに忘れて買っちゃうこと。


で。 持ってたーーー!  チェックしておいてよかった?


しかも結構好きな翻訳者のもので、これは、ひさびさに感動ものでした。


「要約すると」-Summing Up  / Sumerset Maugham


ベタなタイトルですが、やはりセンスの良い翻訳だろうと思われます。 


モームの無駄のない簡潔な文章にふさわしい良訳本ですね。 


 


外国文学を読むときに一番重要なのは訳者との相性だと思う。


というのも、、、現在ハリーポッター「謎のプリンス」を読んでいて、


結構読みにくいんす。 ザンネン。 やっぱ相性なんだろうな。


相性といえば、先日のこと。


図書館でアナトールフランスの本をちょっと読んでみました。


これまた、ムムムムム・・・・・残念。


難しいことを、わかりやすく表現する作家だと何かで読んだ事があったけど、


全くもってチンプンカンプンでした。 コレも訳の問題なんだろか。


やっぱ、もうちょっとフランス語をがんばってみようかニャー 



2007.02.15_00:43

20070215004039
もうすぐハリーVol.6が終わりそうだったので、待望の日本語版をゲッツ。


あと1 chapterだ???と、ガンガン進んでいったものの、


またしてもやられました。 ジェイ・ケイ・ローリングめ!


アマゾンの読者Reviewでよく目にする、ある人の死亡説。


「誰だ 誰だ 誰が死ぬんだ?っ?」 でドキドキでした今夜嵐だね。雨すごいじゃん。


今読み終わったところですが、、、あまりにもショックなため


日本語版に手が伸びません。 


予想していたことが全て外れてショック。


ある人の存在がなくなってしまってショック。


はー もうラストはどうなっちゃうんだろ。 


ハートに風穴があいてしまった感じです。 ひゅぅぅぅぅぅ?448 夢にでてきそうだ。



2007.02.12_21:59

20070212215640
近所のスーパーでしょうが湯をみかけたので買ってきました。


冬ってわりと好きな季節ではあるんですけど、


「寒い」のは耐えられません。 重ね着7枚とか、余裕でクリアです。


薄いものを着まくるんです。


とっくり on  とっくり なんていう荒業も余裕です。


それでも寒さを感じるのは、


容赦なく着こむくせに、口にいれるものは体を冷やすといわれているものが多いせいかも。


これ、黒糖入りで美味しい。 体の芯から温まるかんじ。クセになりそう。



2007.02.12_02:38

はー もうこんな時間だー 


最近、毎日自己分析のような事をやっております。


結構へこむね、コレは。 しかし、やらねばならず。


今日はきりが良いので明朝からRe-startするぞう パオーン(崩壊寸前)


 


しばらく更新していなかったこのブログさん。


やり始めると、毎日やらないとなんだか気持ちが悪い。 


崩壊寸前の只今の状態、グチグチになるのもナンなんで、


昨日の占い結果の感想を書くことにします。


あなたの作曲家: ブラームス (類似度 100%)
 オイラの師匠はベートーベン様でした。 いーなー いーなー いーなー


 でもブラームス大好きだから、これも満足だー! 



ブラームス人のための人生指南:
あなたは内面に温かい心を持ち、自分に妥協せずこつこつ仕事をするタイプの人です。あなたと交流を持った人は必ずやあなたの人間性に惹かれ、信頼を置くようになるでしょう。ただし、いまのところその魅力は一部の親しい人たちにしか知られておらず、無愛想に思われがちであるなど対外的に損をしているようです。これを改善するには、さほど親しくない人に対しても気軽に声をかけてたわいのない話をすることを心掛けてはどうでしょうか。話をするまでわからなかったあなたの本当の姿を理解し、親しみを感じてくれる人が増えるでしょう。そうすればより多くの人があなたのそばに集まるようになり、放っておいてもあなたの魅力を他の人に伝えてくれるようになるでしょう。
 ・・・・へー。 そーか そーか がんばるよ。(こういうものはあまり信用しない)


調性: ニ長調
 
作品: 交響曲第2番、ヴァイオリン協奏曲
なぜかブラームスの交響曲は、この2番だけ持っていません。よし。明日買いにいこう!    Vコンチェルトも同じく。 ブラームス好きのマブダチに、オススメを聴いておこう!


相性の良い作曲家: WAGNER
 只今トリスタン&イゾルデ聴いてます。 コレ、好きなんだ? 本も曲も。
相性の悪い作曲家: SIBELIUS
 結構ショック。 シベリウス好きなのに。 いーじゃん、北欧。聴き続けるぞ。
相性の良い楽器: ヴィオラ
 これ、嬉しい。 弦をやるなら、絶対ヴィオラかチェロだー
相性の悪い楽器: ハープ
 性格的にも、経済的にもハープをかかえることは不可能です。 


 あらゆる意味で、スゴイ難しい楽器。
ラッキーカラー: セピア色
 ラッキーカラーというより、オイラにとってのブラームスはセピア色です。


 あの頑固一徹じいさんの郷愁漂うIntermezzoなんて、まさにセピアじゃん。
幸運のカギ: 尊敬できる異性の出現


 むむむむ。。今のところ、親以外で見当たらん! オイラももっと成長しないとイケマセン。


 


いい息抜きができました。ハイ。


ブラームスは演奏するのも聴くのも大好きなので、この結果には大満足。


年々好きになっているような気がします。


最近ピアコン1番を入手したんですが、グッとくるんだ?コレが!


頑固ジジイなのに、ポロっと出てくるんですよね、泣きの旋律が。 ズルイぞ、ブラームス!



2007.02.10_21:47

ピアノのレッスンの時にちょっと面白い占いがあるよ、と教えてもらいました。


作曲家占い


やったぞ! ブラームスだ? よしよし。記念のコピペしておこう。


あなたの作曲家: ブラームス (類似度 100%)

ブラームス人のための人生指南:
あなたは内面に温かい心を持ち、自分に妥協せずこつこつ仕事をするタイプの人です。あなたと交流を持った人は必ずやあなたの人間性に惹かれ、信頼を置くようになるでしょう。ただし、いまのところその魅力は一部の親しい人たちにしか知られておらず、無愛想に思われがちであるなど対外的に損をしているようです。これを改善するには、さほど親しくない人に対しても気軽に声をかけてたわいのない話をすることを心掛けてはどうでしょうか。話をするまでわからなかったあなたの本当の姿を理解し、親しみを感じてくれる人が増えるでしょう。そうすればより多くの人があなたのそばに集まるようになり、放っておいてもあなたの魅力を他の人に伝えてくれるようになるでしょう。

調性: ニ長調

作品: 交響曲第2番、ヴァイオリン協奏曲

相性の良い作曲家: WAGNER

相性の悪い作曲家: SIBELIUS

相性の良い楽器: ヴィオラ

相性の悪い楽器: ハープ

ラッキーカラー: セピア色

幸運のカギ: 尊敬できる異性の出現


 


んでもって、昔やったやつとはチョット違うじょー ということで、検索検索。


コレ、コレでした。 (昔やった作曲家占い


昔も、そして今も、結果はモーツァルト。


微妙。 


なぜ微妙かというと、まだちゃんとモーツァルトに取り組んだことがないからでして。


明日は、久々にブラームスを弾いてみようっと。



2007.02.10_00:47

想像していたよりも かーなーりー面白い「田辺聖子の小倉百人一首」。


語り口もほんわかしていて、それでいて切り口も鋭い。


スマートな人の本というのは、読んでいてとても気持ちがよくなりますね。


古典にしろ、エッセイにしろ、なんであれ素敵です。


この本の中で、百人一首のことを「言葉のアラベスク」と称しているんですけど、


これまたなんと巧い比喩なんだ! よしよし、これはしばらく楽しめそうだぞ。


 


今アマゾンで百人一首をサーチしてみて、コレ、発見。


田辺聖子?を読み終えたら、今度は白洲正子様バージョンに突撃です。









私の百人一首 私の百人一首
白洲 正子 (2004/12)
新潮社

この商品の詳細を見る

 


 


いや? これぞ!と思える本に出会うと幸せ。


そんなときはやっぱり本屋を徘徊してしまう困った癖も出てきてしまいます。


そして、また見つけちゃうんですね、面白そうな本。 買いませんでしたけど。


忘れると困るので、買わずにメモで残しておきました。


 


もともと現代作家のものは、よっぽど好きじゃないと読まないんですが、


去年は京極夏彦氏に夢中になりました。 おもしろすぎ。


横溝正史以来の恐怖を味わいました。(横溝正史っていう名前だけでも怖くなってくる)


で、今年はというと、やはり純文学に戻りたいなーと思う今日この頃です。


中でも今一番注目しているのが、フランス文学。 たのしみだー



2007.02.08_23:23

20070208005752
背中から腰にかけてのカユさが酷すぎて、とうとうメンタムに手が伸びました。


これはもう最終兵器です。


これで効かなかったら、病院にいくぞ。


オイラのExtra dry areaはパンツのゴムまわりが(お腹から腰にかけて)。


今日薬局でみかけて、速攻でレジで会計をすませました。


これから、ぬりぬりしてみて、効果をみたいところ。 効いてくれー タノム!!


 


連日ちくちくと進んでいるハリーポッターですが、


ようやくシリーズFinalが今年の7月に発売されます。










Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7) (UK) Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7) (UK)
J. K. Rowling (2007/07/21)
Bloomsbury Publishing PLC

この商品の詳細を見る


む?ん。 これはまだ発売前だから表紙に絵がないのか?つまらん!プンプン!


 


ちなみにこれはAdult Edition ↓










Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7) (UK) Adult edition Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7) (UK) Adult edition
J. K. Rowling (2007/07/21)
Bloomsbury Publishing PLC

この商品の詳細を見る


 


毎年、今の時期になるとアマゾンに予約をいれるんですけど


いつも迷うのがAdult Editionを買おうかどうしようかということで、


一体この違いは何なんだろうなーといつも思います。


値段は一緒だし、ハードカバーだし。 文字の大きさなのかなー。


それにしても、これまで7年間毎年出版が楽しみだった本も


今年がファイナルとなると寂しいもんです。


ハリーポッターは、オイラにとってはとても良い英語の教材でして


原書で読んで、邦訳で確認、と、2回も楽しみがある良い作品でしたヨ。


電子辞書は欠かせませんけど。



2007.02.08_00:48

直感って自分にあるのかどうか、最近よく考えます。


買い物においては、あまり失敗したこともないような気がするけど、


対象がモノ以外の分野で


 「コレはいけるかも♪」


と思っていて巧くいったことって皆無に近い。


「ん?」  「・・・・ま、気のせいかも(多分)」   


等、その時にちょっとひっかかることって、大抵の場合は結果は悲惨だったり。


 これも直感なんですかね。 どうなんだろ。



2007.02.07_00:22

20070207002018
風がすごいです今現在。 手袋なしでチャリンコに乗れた日中とはうってかわった様子。


北風小僧のカンタロー ・・・って昔ありませんでしたっけ?


さて。 最近、我が家の周辺ではサカリらしく、夜な夜な哀愁のこもった鳴声がします。


夜中に聞くと、結構怖い。あの「ナォ~ン ナォ~ン」ていう声。ゾゾゾゾゾ


さっき読んでた【What's Michael】をちょっと思い出しました。


 オス猫というのは、メス猫に誘われると断ってはいけないらしいんす。 


すごいな、そんな世界!  選べないなんてさ。


 


マンガでは、ニャジラというスゴイ形相のメス猫が


近所に住む80万円の血統書付のアメショーにラブコールを送った結果・・・


しばらくしてニャジラにMIXのニャンコが生まれる、というオチのついた話なんですけど、


この 『オスは断れない』 っていうのを知らなかったもんで、衝撃的でした。


うちのおぼっちゃま(写真↑)は、永遠の少年。 オ○マちゃんです。


今年で4歳ですが、最近ようやくこのサカリ特有の鳴声にも動じなくなってきました。


サカリ特有のあの声に無反応ってすごい。 ある意味、大物なのか?!やるな、ボーズ。



2007.02.05_00:51

約2年かけて落ちていった体重が


ここ半年でやっと戻りました。めでたい。


しかし喜んではいられないのだ!と最近気づいたきっかけはGパンのおかげです。


ふと気がつくと、ジッパー全開になっていることが多くて、危険度大です。


ジムでしっかり泳いでしまう日ほど、暴飲暴食に走る傾向が。


 「消費したんだから、ちょっとぐらい大丈夫じゃっ!」 と悪魔の声が聞こえてきます。


この、「ちょっと」がちょっとで済まないところに大きな落とし穴があるんですねえ。怖い。


そんなわけで、最近、おやつを「和モノ」に変更です。(食べるのは止めません)


年末からお正月にかけて食べっぱなしのバタークッキーを止めて


カリントウやお煎餅に変えました。 ああ、なんてヘルシーなんだ。


やっぱ洋菓子は、ジャンクな要素に溢れてますしね。美味しいんですけどね、とっても。


砂糖 タップリ バター タップリ ・・・う????魅力的。


さっきウルルンで、チョコレート菓子に食い入るように見入っていたオイラ。


慌てて、お腹の肉をつまんで、現実を再認識しました。 怖い怖い。



2007.02.04_00:36

コーヒー豆を買いがてら、駅前にある本屋にステップイン。


いや、つい入っちゃいますね、本屋って。


積読本がしこたまあるので、いつも買わないように気をつけているけど、


今日はちょっとサイフのヒモが緩みました。


 昼に イモタコナンキン(ドラマ)を観たこともあって、ちょっと田辺聖子コーナーへ。


今日買ったのは 「田辺聖子の小倉百人一首」。


実は、古典って苦手でして、学生時代はあまり真剣にやらなかったんですけど、


それでも百人一首は知っておかないといけないような感じは常にありまして、


今日は積年の願いが叶ったようなもんです。


ちょっとパラパラと見てみると、句ごとに説明つきの親切設計。


学生時代にこういう本の存在を知っていればもっと古典が好きになったのかもしれない!!


・・・・と思ったものの、 


内容は結構オトナにならないとわからない種類の心情が多かったりして。


今日手に入れたこの本が古典ワールドへの良いきっかけになると嬉しいジョ?? 









田辺聖子全集〈14〉田辺聖子の小倉百人一首、田辺聖子の古事記 田辺聖子全集〈14〉田辺聖子の小倉百人一首、田辺聖子の古事記
田辺 聖子 (2004/12)
集英社
この商品の詳細を見る


2007.02.03_00:21

20070203002007



最近朝起きたら、窓を大きく開け放って無理やり起きるようにしています。


↑・・・しかし、一緒に寝ているニャンコ様があまりにもかわいそうなので、


毛布でくるんでみました。


 


本日もも社会の荒波にもまれてヨロヨロと帰途についたわけですが、


全身鳥肌たってるんじゃないの?と思うほど、冬まっさかりの1日でした。 


そんな中、最近はまっているiPodシャッフル。 いい仕事をしてくれましたヨ。


==(オイラのオイラによるオイラの為のシャッフル備忘録)============


Prince :  BEAUTIFUL, LOVED AND BLESSED / featureing TAMAR 


Kanye West  : Never let me down


B.B.  : Comic strip


Chopin: Ballade No.4


レッチリ: Snow


Bach : ブランデンブルグ協奏曲


John legend  : she don't have to know


ベートーベン 第9の2楽章あたり


Bobbi Humphrey : Harlem River Drive 


======================================================


やっぱ、すごい。 今日もまたぶっとんでくれました。 シャッフルに神が宿ったね。でへ。


 


さて。 これからスネイプによるdetention。 (←ハリーポッター) イジメだね。


 



2007.02.02_00:51

ラッキーなことに今日はピアノ練習をすることができました。イエイ


最近身の回りのことで上手くいかない事が多くて、かーなーりーダウナー。


そんなダウナーな状態のときに、なんだかしっくりくるフランス。あれ、2番だっけ?わすれた。


いやー いい。 沁みる。 


なんだかんだやっていくうちにうまいこと波にのったので、


今回はサラバンド&エアーを持っていけそうです319


まったくタイプの違う舞曲なんですけど、どちらも気持ちのいい旋律のオンパレードです。


サラバンドは、内省的というか・・・・ま、なんというか、今のオイラにぴったりな感じで、


無理せず気持ちを音に篭める事ができて、不幸中の幸い(苦)


自分の中にある、自分でもよくわからない「モヤモヤ」を、


うまく表現してくれているような気がして夢中で弾いてしまいました。 


ヤッパスゴイネ、バッハ。 


 


で、またまた波にのり、シンフォニアの復習へと。


サラバンドや、最初のアルマンドで、3声(時々4声)の味を占めてしまったオイラ。


最近シンフォニアが愛おしくてたまりません。 気持ちがいいのなんのって。


輪唱ばりのテーマの嵐に、も、毛穴全開です。 キター!!!!!!


 


てなわけで、今日はバッハで癒されたのでした。


聴くのも最高だけど、下手でも自分で曲を弾いて響きを感じるのはいいもんです。


親は健在ですが、なかなか言えないことも積もり積もってくる厄介な年頃だもんで、


そんな時には、音楽の父の出番なのでした。 イヤサレル????12



2007.02.01_01:30

久しぶりに手をつけた京極作品 【百鬼夜行】。


怖いんです。とっても。


京極堂のサイドストーリーなんですけど、


部屋では読めなくなってしまったので外出用になってしまいました。(怖すぎ)


ま、怖いもんは、どこで読んでも怖いんですけど。


帰宅途中に、ちょっと一服しようと喫茶店に入り、


本の世界へも引き摺られるようにずるずると。 いや、怖かった。


京極堂シリーズに出てくる様々な脇役達の短編集なんですけど


   「キャーーーーーーーーー」 


っていう絶叫をしてしまいそうな終わり方でしてね、、背筋がぞくりとするんです。ひっ。


あのムンクの叫びみたいな感じ。


これまで本をたくさん読んできて培ってきた想像力が


ここだ!と云わんばかりに発揮するんです。


ほんとに、京極作品を読んできて呪うのは我が想像力の逞しさ。


自分の部屋で読んでいると、


 


 1、猫が、ときどきビクっとする自分に怯えて一緒に寝てくれない


 2、夢にでてくる


 3、トイレが異様に近くなる&トイレに行くのが怖くてたまらない


 


全く良い事がありません。情けない、いいオトナなのに。


最近寝る前に読んでいるハリーポッター。早く読まないと新作がでちゃうんですけど、


今回のハリーはいつも不機嫌だし


重要人物がまた一人死んでしまうらしく、気が重い。。


それにしても、外国の児童文学って、結構シビア。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。