mon attention
アンテナもたまには壊れます。   
Archive & Calendar
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
book mark
Category
Profile

bonbon

Author:bonbon
アンテナのむくまま更新中。


THX!
welcome
☆☆☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.03.11_00:17

かねてから観たいと思っていた映画を観ました。










姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション 姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション
堤真一 (2005/11/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


色々なReviewを観ると賛否両論でしたが、やっぱ観たい気持ちは抑えられず。


というのも、魍魎のハコ(←漢字がわからん)が映画化されるらしく、それに触発されました。


やー 原田知世は可愛い! これに尽きる。ウン。


京極堂シリーズはコワコワ話なので、もちろん真昼間に観ました。


まあまあなんじゃないかなーと思いつつも、ちょっと難点発見。


京極堂役の人のボソボソと話すところが聞き取りづらくて音量を上げると、


久遠時菊乃(石田あゆみ)が突然ぎゃあっ!って叫ぶもんで


音量調節に非常に気を使いました。 びびって熱いお茶で火傷しました。


前に友人がこの映画の酷評を語っていたけど、


本を読んだ人でないと内容がつかみづらいかも。


マンガでも小説でもそうだけど、読んでるときに自分なりの配役イメージがあると思うけど、


このウブメの関口巽。永瀬正敏のおかげで、好感度があがりました。


映画化にしてみるもんだ。


 この映画の本編に入る前に、巷説?の予告も入ってたけど、


渡部アツロウのマタイチはちょっと洗練されすぎ。


オイラのイメージでは、蟹江敬三様か内藤剛志。もっとイブシ銀であって欲しい。


山猫廻しのお銀は、ウブメ(映画バージョン)にでてきた猫目堂のお潤がハマリそう。


映像化って大変ですな。


魍魎のハコは映画を観に行こうと思います。

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://nyarr.blog63.fc2.com/tb.php/256-c483c13e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。